ゲーム

リアルアーケードPro.2 SAを今さら購入した理由とは?#130

こんにちはToneです。

 

アーケードコントローラーが苦手な

くせに形だけはこだわりたい そんな

見せかけ野郎です(^^;)。

 

なぜ今switchやPS4がある時代に

PS2のコントローラーを買うんだ?

 

と思う方もいるかと思いますが

ちょっと私なりのこだわりをお話ししたい

と思いますので時間がある方はお付き合い

くださいね。

 

リアルアーケードPro.2 SAとはどんな商品?

プレイステーション2周辺機器

リアルアーケードPro.2 SA

ヤフーオークション 2900円

参考価格 駿河屋 15000円

 

まず簡単にリアルアーケードPro.2 SAの

ご説明をしましょう。

 

HORIから発売されていた通称RAP2 SA

プレステ2用のジョイスティック型

コントローラーです。

 

連射機能も付いていてシューティング

なんかにも活躍しますよ。

80年代、90年代頃にゲームセンターに

通っていた方は馴染みのある方もいると

思いますが、レバーとボタンによる操作で

家庭用のコントローラーとは全然違います。

 

SAって何?

SAって何?と素朴に疑問を持った

方もいると思いますがこれは

 

三和電子(SANWA)というメーカーの

レバー、ボタンを仕様している製品と

いうことです。

三和電子と同じくらい有名なメーカーに

セイミツ工業というメーカーもあるの

ですが、この2社がレバー、ボタン界

では有名なブランドとなってます。

 

要はそれを区別するために「SA」と

付けているんだろうと思います

たぶんね。

 

だからこのどちらかのメーカーの製品を

使っているアーケードコントローラーは

クオリティーの高い商品と思っていい

でしょう。

 

「どっちでもいいじゃん」と思いますが

メーカーによって使い心地が全然違う

ので結構重要ですよ。

 

三和製

・レバーが柔らかめ

・操作が軽いので格ゲー向き

 

セイミツ製

・レバーが固め

・精密操作に向いていてシューティング

ゲーム向き

 

とも言われていますがこれは好みの

問題かと。

 

なぜ今リアルアーケードPro.2 SAなのか?

初代プレステやプレステ2の頃って

いわゆるアーケードの移植がすごく

多かった時代なんですね。

 

しかもほぼ完全移植のソフトが

たくさんリリースされ、今だに

PSでしか遊べないゲームもあります。

 

例えばストリートファイター2を

初めとする格闘ゲームなどがそれで

ある意味黄金期だったと思います。

 

そんなアーケードの名作の宝庫である

PSやPS2を遊びつくすためにこのRAP2

リアルアーケードPro.2 SAを購入したと

いうわけです。

 

ここまで聞くとそんなのswitchやPS4

で遊べばいいじゃんと言われそう

ですが、確かにその通りです。

 

が!

 

下に続く↓

 

昔の名作は昔のあれで遊びたい!

ここからがちょっとミソなんですが

私のこだわりは昔のアーケードは

 

 

 

ブラウン管で遊びたいんです

 

は?ブラウン管?

 

そうテレビです 昔のね

 

ここからは単なる個人的なこだわり

ですが、昔のゲームを今の液晶で

遊ぶと微妙に違うんですよ。

 

何が違うか簡単に言うと

 

キレイすぎる

 

switchやPS4はHDMI接続ですね

このHDMIケーブルはキレイでいいんですが

レトロゲームにはいかんせんキレイすぎる

のです。

 

昔のブラウン管は色がにじむのが当たり前

ゲーム制作者はそのにじみを計算して作って

いたと聞いたことがありますが

 

それで遊んできた世代としてはやはり

あのにじみが良かったんですね。

 

これってわかる方いますかね

たぶんいないでしょうね(^^;)

 

確かに利便性を考えると普段は自分も

レトロフリークとかで遊ぶので否定は

しませんが、いつでもブラウン管で

遊べる環境は整えておきたいんです。

 

心の支えとでも言うんでしょうか。

 

 

 

というおやじの単なるこだわりの

話でした。

 

おしまい

 

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング