ハードオフ・ブックオフ・ゲオ購入品

レトロゲームがぼやける、ハードオフで購入した中古液晶テレビで解決#135

こんにちは Toneです。

 

レトロゲームを久しぶりにひっぱり

出して遊んだら「何かボヤけてるなぁ」

と思ったことはありませんか?

 

それは最近の液晶テレビにつなげて

遊んでいるからかもしれません。

 

それにはいろんな解決法がありますが

今回はハードオフで買ってきた古い

液晶テレビで解決する方法をお教えします。

 

というのも実はすでに私もこの方法で

レトロゲームをキレイな画面で遊んで

いるんですよ。ちなみにこれで3台目。

 

ではさっそく具体的にご紹介しましょう。

 

レトロゲームの画面のボヤけ、ハードオフで購入した液晶テレビで解決

今回ハードオフのジャンクで

購入してきた液晶テレビは

SONYの『WEGA  KLV-14AP』

という商品。

 

結論から言えばこの液晶テレビは

レトロゲームに適している液晶テレビ

と言えます。

 

その理由はこれから追々説明を

していこうと思いますね。

 

価格はリモコン欠品で税込み1100円

まあまあの値段かな。

 

私はすでにリモコンを持っているので問題は

ないですが、画質調整するのに必要なので

もしこれから買おうと思ってる方は

付属しているものがおすすめです。

 

このテレビは2005年くらいに発売

されていたモデルで、まだ地デジ化する

前の液晶テレビです。

 

今の地デジのテレビは厳密には

映りませんが、ゲーム用やDVD用

としてはまだまだ使えるでしょう。

 

今の液晶テレビと違いは?

 

・画面サイズ 昔4:3 今16:9

 

・画素数 昔640×480 今1280×720~

 

大事なのは赤字で書いたところで

昔のテレビの仕様というのが

 

画面サイズが4:3

画素数が640×480

 

となっているところです。

 

プレイステーション2の頃までの

ゲームを今の16:9の横長の液晶で

プレイすると両端が切れてしまいます。

 

というのもレトロゲームはもともと

4:3のサイズに合わせてゲームを作成

していたからですね。

 

次にぼやける理由を書いていこうと

思います。

 

今の液晶でレトロゲームを遊ぶとボヤける理由

レトロゲームがぼやける原因は

大きく2つほどあります。

 

 

・レトロゲームに合ってない
 画素数のテレビを使用している。

 

・低品質なケーブル

 

 

逆にこの2つを解決すれば古いレトロ

ゲームも鮮明な画面で遊ぶことができます。

 

レトロゲームに合ってない画素数のテレビを使用している

とん子
とん子

画素数って何?

画素数は画質の良さ

数字が大きいほど画質が

良くなります。

 

 

・1280×720(HD)

 

・1920×1080(Full HDまたは2K)

 

・3840×2160(4K)

 

 

このような数字をスマホの写真の

設定とかで見たことはないですか。

 

フルHD画像とか4Kテレビってよく

聞きますよね。難しい話はここでは

しませんが、単純に数字が大きいほど

キレイな画像で楽しめるという事です。

 

レトロゲームの画素数は?

そこで今度はレトロゲームの画素数

について調べてみたいと思います。

・ファミコン(256×240)

 

・プレイステーション(~640×480)

 

・プレイステーション2(720×480)
 (あくまで数値は最高値)

 

どうですか?

フルHDとかに比べるとゲームの出力

する画素数ははるかに小さいですよね。

 

もとが小さい写真を無理やり大きい

画像に拡大してしまうと、ボヤけて

しまうのは、なんとなく理解できると

思います。それと同じ。

 

とん子
とん子

レトロゲームってそんなに

小さい画素数なんだ。

昔のゲームはドットと

言って小さい点の集まりで

映像を作ってるんだ。

 

低品質なケーブルを使用している

普通テレビゲームをテレビと繋げる

場合は3色のケーブルを使用するのが

一般的だと思います。

ただこれは画素数の問題とは別で

ぼやけてしまう原因の一つですね。

 

これを解決する方法としては

・S端子ケーブル

・D端子ケーブル

・AVマルチケーブル
(プレステ1.2のみ)

 

 S端子<D端子=AVマルチ

    →高画質

といった高品質なケーブルを使うことで

さらに綺麗な画面で遊ぶことができます。

 

ただしすべてのレトロゲームで使用

できるわけではないので、注意ですね。

 

S端子が使えるゲーム機

・スーパーファミコン

・セガサターン

・プレイステーション

・任天堂64

・ドリームキャスト

・プレイステーション2

・ゲームキューブ

・Wii

 

D端子が使えるゲーム機

・プレイステーション2

・Wii

 

品質はD端子とAVマルチがキレイですが

S端子に変えるだけでも、だいぶ変わり

ますよ。

 

S端子やD端子ケーブルはAmazonでも

売っているのもありますが、ハードオフ

などのリサイクルショップでも売っている

こともありますので、探してみるのも

いいでしょう。

 

レトロゲーム用に適した液晶テレビとは⁉

やはりレトロゲームをくっきりと

した映像で楽しみたいなら

 

当時の液晶テレビを用意した方が

早いというわけですね。それで

レトロゲーム用の液晶テレビの条件は

・画面サイズが4:3

 

・画素数が640×480

 

・D端子があるものが好ましい

 

最近では昔のゲームを現在のHDMIに

変換するケーブルなども発売してます。

 

強制的に綺麗にすることはできますが

結局は無理やり引き延ばしてしまうので

限界はあるでしょう。

 

またこのHDMI変換ケーブルは結構な

お値段がするので、中古のテレビを購入

した方が安くなる場合もあります。

 

SONY WEGA KLV-14APの紹介

せっかく今回購入してきたので

この液晶テレビの紹介をしましょう。

 

特徴は⁉

SONYが作ってるだけあってプレステ

に関する入力が豊富です。

レトロゲームに必要な入力端子は

ほぼ揃ってますね。

 

テレビ側面にはさらにS端子や

AVマルチ端子などがある。液晶なので

厚みも薄く、軽いので使い勝手はいい。

 

これがD端子でレトロゲームとしては

最高画質の入力端子ですね。これが

付いているテレビがおススメです。

 

SONY製ゆえに任天堂機にだけ不具合⁉

このWEGAのKLVシリーズは任天堂

が好きな人には、少し残念なことが

あります。

 

それは任天堂のレトロゲーム機

ニューファミコンやスーパーファミコンを

3色ケーブルでつなぐと、画面に謎の縦線が

入ります(^^;)。

 

これはSONY製だからなのかは

知りませんが残念ですね。

 

ただスーパーファミコンはS端子で

繋げると問題はありません。

 

ニューファミコンは諦めるしか

ありませんね・・・(^^;)。

 

AVマルチ端子とは

SONY独自の入力端子でD端子と

ほぼ同等の高品質なケーブルです。

 

AVマルチケーブルをハードオフで

購入してきた記事もありますので

興味がある方はこちらをどうぞ↓

≫SEGAメガドライブ購入!AVマルチケーブルも入手できたぜ!#113

 

AVマルチのデメリットとは

AVマルチの入力端子が付いている

テレビでしか使えない。

 

当時SONYの独自規格だったため

あまり普及しなかったのか、次世代の

SONYのテレビ ブラビアからも外されて

しまいました。

 

ということでAVマルチ端子が付いている

テレビが少ないため、使い勝手が悪い。

 

またAVマルチケーブル自体もあまり

売れなかったらしく、今では入手が

困難で、価格も少々お高いのが玉にキズ。

 

AVマルチのメリットとは

最大のメリットは初代プレステにも

使えるという所がポイント。

 

初代プレステはD端子には対応

してません。

 

なので初代プレステのゲームを

最高画質で遊ぶにはこのAVマルチ端子

を使用するか、PS2またはPS3をD端子

でつないで遊ぶことになります。

 

ただすべてのソフトが互換している

わけではないので、初代プレステを

最高の条件で遊ぶにはAVマルチが

一番ということになりますね。

 

まとめ

液晶テレビ

・画面サイズは4:3

・画素数が640×480

・D入力端子があるのが望ましい

 

高品質なケーブル

・S端子またはD端子も使用すれば

 さらに綺麗な画像で楽しめる

 

AVマルチ端子があるテレビ

・AVマルチケーブルを使用すれば

 初代プレステを最高画質で遊べる!

 

どうでしょうか

レトロゲームはやっぱり4:3の画面で

遊びたいという方や、画質には徹底的に

こだわりたいという方は、リサイクル

ショップなどで探してみるといいと

思います。

 

もちろん今の液晶テレビでも遊べますが

「昔の雰囲気で遊びたい」というマニア

な方にはおすすめしますよ。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村