ゲームおすすめ&情報

不朽の名作『ファイナルファンタジー4』が30周年!振返ってみる

こんにちはToneです(@Tone_musicman

 

2021年7月19日はファイナルファンタジー4

が発売して生誕30周年。早いですね〜。

 

ファイナルファンタジー(以下FF)シリーズ

の歴史は長いので世代によっても名作と呼ば

れる作品はそれぞれ違うと思いますが、皆さ

んはどのタイトルがお好きでしょうか?。

 

私は当時リアルタイムで遊んだこともあって

このFF4が一番好きなんですよね。

 

これを機会にFF4の内容をちょっとだけ振り

返ってみたいと思います。

 

不朽の名作『ファイナルファンタジー4』が30周年!振返ってみる

国産RPGの代表といえばドラゴンクエスト

(以下DQ)そしてFF。どちらも当時の子供

たちは、ほとんどプレイしたんじゃないかと

思うほど大人気だった作品。

 

私の場合、最初はDQから入ってその後に

FFデビュー。ナンバリングでいうとFF3から

始めたのでFFシリーズは結構遅かったかもし

れません。

 

ドラクエシリーズはアニメの延長上

DQシリーズのキャラクターデザインは『

ラレちゃん』や『ドラゴンボール』でおなじ

みの鳥山明氏

アニメも好きだったのでその延長線という感

じが強かった作品。もともと鳥山作品は大好

きだったので、ゲームのパッケージがすでに

魅力的でしたね。

今見てもワクワクするから不思議。

 

幻想的な作品だったFFシリーズ

一方FFシリーズは子供には何ともいえない

アート作品のようなパッケージで幻想的とい

うのが当時の印象でしたね。

DQにはどこかポップな可愛らしさがあって

取っ付きやすかった感じが強いですがFFは

ファミコン3部作まではどちらかというと地

味なイメージだったかも。

 

そして時代はスーパーファミコンへ

当時は家庭用ビデオゲームといえば任天堂

そしてファミコンが絶対王者の時代だっ

たので、当然ファミコンの次はスーパーファ

ミコン(以後SFC)を買うと決めてました。

 

そして待ちに待ったSFCが発売になり最初に

発売されたのはFFシリーズでした。

 

すべてがキラキラ見えていた時代だったので

今では考えられないほどワクワクしてました

ね。

 

ストーリー・音楽がもう映画並

ファミコンからSFCにグレードアップして

グラフィックにももちろん驚きましたが個人

的には音楽がもう素晴らしすぎた!

 

ファミコンのあの『ピコピコ』音ではないの

ですよ!当時はオーケストラじゃないのか!

とさえ思ったくらいです。

 

FFは大人なストーリー

DQシリーズはキャラも可愛らしいし、アニメ

っぽいので、それはそれで好きなのですが

 

FFシリーズは結構大人なストーリーというか

恋愛ものもあって、当時思春期だった筆者に

はとてもドキドキしました。

 

FF4はFF3をブラッシュアップした作品

FF3はシリーズ初のジョブチェンジを採用

て自由度が増した作品でした。個人的にはキ

ャラの見た目が変わってしまうので、あまり

好きじゃなかったのですが、FF4では職業制

をうまく踏襲した作品。

 

FF4ではそれぞれいろんな職業のキャラクタ

がいるのですが、基本そのままです。

 

一部変わりますが、その方がストーリーに

のめり込みやすいというか感情移入しやすい

と個人的には感じましたね。

 

30周年を振り返って

DQやFFシリーズはその後どんどん大人にな

っていくにつれゲームから離れた時期もあり

 

すべての作品をプレイしたわけではないです

がどちらの作品もSFCの時代にある意味成熟

した感がある作品だと思います。

 

今ではリメイクされたものも多いですが当時

の雰囲気を味わいながらまた、久しぶりにや

ってみたいですね。

 

「ファイナルファンタジー4 」30周年

おめでとうございます。そりゃ老けるわけで

すな。

 

おまけ

個人的にFF4の音楽は名曲が多いと思ってる

のですが、そんな中で大好きな曲があります

 

それは「トロイア城」ギルバート王子がいる

水の都なんですが、水の流れる情景が浮かぶ

ような綺麗な曲なんですよね。

 

ギターと作曲などをしている筆者ですが

恐れ多くもカバーしてる動画があるので載せ

ておきますね。

 

もしよかったらお聞きください。

【FF4】トロイア城のテーマをギターで弾いてみた!【ゲーム音楽】

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村