ハードオフ・ブックオフ・ゲオ購入品

キャプチャーPC-SDVD/U2Gジャンク購入!#98

いつものハードオフで購入してきた

商品の紹介記事になります。


USBビデオキャプチャー

バッファロー PC-SDVD/U2G

ハードオフ 330円

 


詳しい人はおわかりでしょうが

キャプチャーってなに?

って方の為に少し説明しますと


Youtubeとかでゲーム実況動画が

あるのはご存じでしょうか?


動画を投稿してる人がゲームを

してる映像があるんですよ。

それの何が面白いのかって?

趣味は人それぞれなので(汗)

私なんかは曲を作ってる時に

よくゲーム実況を流しながら

作業すると、飽きないので

好きなんですが


とにかくみなさんキレイな映像を

載せていらっしゃいます。


ゲーム映像を動画投稿するには

パソコンに取り込む必要があるのですが

そこで必要な装置がキャプチャーです。




私の場合はゲーム等の購入はしますが

プレイ自体 うまくはないし

やる時間があまりないので


実況とかはしませんが、ブログでは

ちょいちょいゲームの紹介をするので

触り程度の画像はキレイに載せたい

と常々思ってました。




以前このブログでもマリオペイントの

商品紹介した際、画像を載せたのですが

テレビ直撮りの写真を載せているので


画面がナナメってたり、暗かったりと

投稿者からしても見ずらい

残念な写真に。

その記事はコチラ↓
https://tone-blog.com/post-48/



そこでキャプチャーを導入しようと

調べていたところ、結構なお値段が

するんですよね。


そこで私の用途を考えてみました

・Youtube等でゲーム実況はしない。

・主ゲームはレトロゲーム

・ブログに数点写真を載せるだけ


と以上のことを踏まえた結果

いわゆるHDMIのキャプチャーは

必要ないみたい。

昔のゲーム機にはHDMIという

ケーブルは使えないからね。


逆に最近のPS4やスイッチなどを

キャプチャーしたい場合は

HDMIが使えるキャプチャーじゃないと

使えません。



結論 

私みたいな場合は

ビデオキャプチャーで十分だと

いうことがわかりました。


ビデオキャプチャーで接続できるのは

いわゆる赤白黄AVケーブル

それよりもキレイな映像を取り込める

S端子のみとなっています。


で これまた調べてみたら

その類の商品で評判がいいのが

もともとはビデオテープの映像を

パソコンに取り込んでデジタル化

するのが主な商品みたいです。

今回私が買った商品と

同じような商品ですね。


もちろんゲーム画像も取り込めるので

レトロゲームのみのキャプチャー

なら十分な商品らしいです。



かなりお求めやすい値段ですよね

そしてそれを購入しようとした時に

ちょうどジャンクで今回の商品を

見つけたわけです。


というわけで

この商品は使えるのか?

はたまたゴミ同然なのか?


次回検証しようと思います。


動作確認した記事はコチラ↓

バッファローキャプチャーPC-SDVD/U2G 動作確認・使い方!
前回購入してきた バッファロービデオキャプチャー 2020年現在で使う人がいるのか どうかわからないけど何かのご参考になれば幸いです。 普通は上記の写真にある通...

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング