ゲームレビュー

【レビュー】古き良きドット絵の名作 ドラクエ6とはどんなゲーム!

こんにちはTone(@Tone_musicman)です。

 

今回は購入してきたスーパーファミコンの

ドラクエ6を紹介をしたいと思います。

 

このゲームはみなさんやったことがある

という人も多いと思いますが、私はかなり

久しぶりにプレイしたので、忘れてる方が

多かったりします(^_^;)。

 

ということで、もう一回初めてプレイする

つもりで早速始めていきたいと思います。

 

【レビュー】古き良きドット絵の名作 ドラクエ6とはどんなゲーム

 

発売日1995年12月
ハードスーパーファミコン
ジャンルRPG
メーカーエニックス

 

言わずと知れた国民的RPGドラクエの

第6作目。スーパーファミコンとしては

2作目でもあり最期の作品ですね。

(リメイクは除く)

 

ストーリー

あらすじ

山奥の村ライフコッドで妹のターニアと2人暮らしをしている青年。

ある日、村長の依頼で年に一度の村祭りに必要な道具を麓の町まで取りに行くことになるが、その道中で大地に開いた大穴に落ちてしまい別の世界へ行く。

その世界では自分を認識してもらえない奇妙な体験をし、元の世界に戻りライフコッドで話を聞くと、その世界が「幻の大地」であると判明する。その後の村祭りで精霊のお告げがあり、主人公は旅立ちを決意する。出典 Wiki

 

プレイしてみた

まずはプレイしてみて、いいところと

ここはイマイチだなというところを挙げて

いきたいと思います。

 

てか

画面見ても全然覚えてない(^_^;)

 

いいところ

いいところを何点か挙げてみます

 

移動速度が早くなった

リメイク作品のドラクエ3などでは移動速度

が改善されてますが、このナンバリング

された作品では初めてですね。今となって

はこの機能は必須。

 

アイテムの心配がない「ふくろ」

これまでの作品ではアイテムが多くなると

売るか預けるかだったのに対して、ふくろ

が出てきたことによって、持ち物の心配が

なくなってこれもかなり快適なシステム。

 

ちなみにお金はゴールド銀行に預けられる。

 

モンスターを仲間にできる

5から導入されたモンスターシステム。

要は戦ったモンスターを仲間にできる

もので、単純に仲間のバラエティが

増えるし、攻撃パターンも増えるので

いいと思う。

 

サウンドが素晴らしい

当時ファミコンからハードがスーファミに

移行した5から飛躍的にBGMはよくなった

のですが、さらに今回また一段とよくなった

感じ。

すぎやまこういち氏のサウンドを堪能できるよ。

 

気になるところ

プレイしていてここは気になるという所を

何点か挙げてみます。

 

敵の攻撃時にアクションが追加

今では当たり前すぎて、気にもしてないけど

敵の攻撃時にアクションが追加されたのは

この6からなんですね。

 

良くも悪くも、テンポが悪くなると思う

人もいると思うので、これは賛否両論ある

かな。私はなくてもいいかな派。

 

転職システム

これは完全に好みの問題。

私は自由度よりもストーリーに没頭したい

方なので、途中で姿、形が変わってしまう

のはちょっと…気になる方。

 

しかも今回は「勇者」までもが職業として

選べてしまうので、それはちょっとなぁ

と思っちゃうね。

 

でもこれだけ長くやってるシリーズだと

いろんなことに挑戦するのは悪くない

です はい。

 

まとめ

久しぶりにスーパーファミコンのRPGを

遊んでみましたが、やっぱりディスク系

のゲームに比べると、テンポがいいですね。

 

戦闘シーンに入るときも、街に入る時も

ロード時間は皆無だし、ゲーム機が熱く

なる心配もないし、ほんと気軽に遊べる。

 

確かにグラフィックは粗いですけど

ドット絵ならではの温かみのある雰囲気

と色使いはどことなくホッとします。

 

1995年とかなり前のゲームですが

システムが改善されているので

今からやっても十分楽しめますね。

 

もちろんスーファミじゃなくてもDSにも

リメイクされているので、そちらで遊んで

も良さそうかも。

 

久しぶりにいにしえのドラクエの作品

に浸ってみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

 

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング