ゲーム購入品紹介・簡易レビュー スーパーファミコン

【ライブアライブ】未だに値崩れしない名作RPG⁉プレイしてみた

こんにちはToneです(@Tone_musicman

 

今回で第6弾目となるブックオフで激安購入

してきたスーファミソフトのご紹介です。

 

さてスーファミのRPG「ライブアライブ」

みなさんご存じですか?

 

私はタイトルだけは知ってましたが、プレイ

したことがない作品です。そしてこれがまた

「名作だ!傑作と評判がすこぶるいいんで

すよね。

 

なのでぜひやりたいと思っていたゲーム。

今回せっかく購入したので、プレイして少し

でもその魅力をお伝えできればと思います。

 

ではさっそく

 

【ライブアライブ】未だに価格が下がらないRPGは名作なのか⁉

ハードスーパーファミコン
タイトルライブ・ア・ライブ
発売日1994年9月2日
ジャンルRPG
評価(めちゃ主観的)★★★★☆(4点)
購入場所・価格ブックオフ 110円
参考価格(駿河屋)3560円(執筆時)

未だに中古でもなかなかのお値段がする作品

なので、ちょっと躊躇してしまいますよね。

 

しかしなんと今回は破格の110円で売ってた

ので即購入。めっちゃラッキーでした。

 

完全な初見ですが、素直に思った感想などを

書いていきますので、では レッツプレイ!

 

ライブアライブとはどんなゲーム?

発売は1994年とファミコン世代にとっては

だいぶ後期の作品だね。

 

初代プレステの発売も1994年なので、さら

にそう思えるよね。

 

複数のシナリオから選択できるのが特徴的!

ストーリーが1本道ではなくて、用意された

複数のシナリオから、自分の好きなものを選

んで始められるというのが特徴

 

イメージとしてはドラクエ4を思い浮かべて

もらえばわかりやすいのかな。

 

あちらは選択はできないものの、キャラごと

に独自のストーリーがある。なんか得した

気分ですよね。こういうのって

 

とりあえず私は「功夫編」を選択。

 

ちなみに私はいまだに映画「少林寺」好きで

時おり見てます。関係ないか(^^;)。

 

グラフィックは思ったよりも…

後期の作品なだけに、さぞかしグラフィック

もと思いましたが、意外にも普通(・・?。

 

キャラも小さいし、FF6ほどの感動も正直な

いかなぁと。別にゲームは見た目だけではな

いけど…。

 

パッケージのイラストが豪華⁉

シナリオごとの主人公が描かれているのが

すっごく印象的なパッケージなんですが、

よ~く見るとキャラごとにデザインが違い

ます。

 

そう、これはみんな違う漫画家さんによっ

デザインされてるんですよ。これは箱だけで

も欲しいよね!。

 

豪華ですねぇさすがは天下取ったスクウェア

お金かかってんなぁ。

 

左から順に、石渡治・島本和彦・皆川亮二

田村由美・藤原芳秀・小林よしのり・青山

剛昌の総勢7名によるデザインらしいです。

 

私の世代でピンっとくるのは

「おぼっちゃまくん」「名探偵コナン」

の漫画家・小林よしのりさんや青山剛昌さん

の絵なんかはわかりやすいかな。

 

戦闘システムがシミュレーション系っぽい⁉

戦闘システムはこれまた変わってまして

似たようなゲームだと、同じスクウェアの

ロマンシング・サガに近い。

 

敵のキャラと接触すると戦闘開始!

基本はコマンド式ですが、移動はリアルタイ

ム。攻撃するには敵の近くまで移動する必要

があってそこで、コマンドを指定する。

 

ちょっとシミュレーション的な要素も混じっ

てます

 

ちょっと個人的には「メンドクサイな」

思いました(^^;)。いろいろ工夫したんだろう

けどね。

 

全体的にロマサガに似てる⁉

これまたさっきも言ったんですが、会話で

選択肢が出てくるあたりは、ロマサガに似て

るんですよね。

 

選択肢によって多少は分岐するかもですが

「決まったストーリーじゃつまんない」って

人にはいいんじゃないかな。

 

まとめ・感想

個人的ポイント(評価)は⁉

★★★★☆(4点)ですっ

 

やる前は複数のシナリオを選択できるという

システムにちょっと嫌悪感を持ってたんです

が、思った以上に物語が面白そうだったので

むしろお得だなと思っちゃいました

 

いいと思ったところ

  • 複数のシナリオを遊べるので得
  • ストーリーが引き込まれる
  • 音楽がいい

 

複数のシナリオを遊べるので得

いろんな作品をつまみ食いできるような感じ

で、お得感があるような気がする。

 

ストーリーが引き込まれる

ストーリーはシンプルかつ王道な感じで

少し重たい話もあるけど、惹かれます。

 

音楽がいい

スクウェアの作品はストーリーはもちろん

それを盛り上げる音楽もいいんですよね。

 

私は音楽もやっているので、実はゲームより

もBGMにうるさかったりするのですが、今作

音楽の担当は下村陽子さん。

 

もとはカプコンでも働いていた方で、あの

「ストリートファイターⅡ」の音楽を担当

た人でもあります。

 

イマイチだなと思ったところ

  • グラフィックが思ったよりもチープ
  • 複数キャラで感情移入しにくい

 

グラフィックが思ったよりもチープ

これは完全に個人的な思い込みだったのです

が、別にヒドイわけではないですよ。

 

1994年発売という後期の作品としての期待と

違ったというだけ(^^;)。

 

複数キャラで感情移入しにくい

これもそれぞれ感じ方が違うと思うから、な

んとも言えませんが、これは完全に好み。

 

このゲームをおすすめできる人

  • 自由なRPGが好きな人
  • いろんなストーリーを楽しみたい人
  • ロマサガシリーズが好きな人

 

このゲームをおすすめできない人

  • システムに快適性を求める人(レトロゲームのため)

 

今ならWiiUで手軽にプレイできる!

実機のソフトを買うとなると、少々お高いの

で敷居が高いかもしれませんが、今ならWiiU

のバーチャルコンソールで配信されてます

ライブ・ア・ライブ ダイジェスト映像

©1994 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
キャラクター:©1994 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.,©1994 小学館

 

気軽に遊びたい人はDL版で遊ぶのがおすすめ

1000円くらいで買えるのでいいですよ。機会

があったらプレイしてみてください。

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング