リサイクル購入品

【メガCD】ライズ・オブ・ザ・ドラゴンとは⁉紹介&簡易レビュー#154

こんにちはTone(とーん)です。

 

Twitterでは先にご紹介しましたが

今回は以前ハードオフで購入してきた

「ライズ・オブ・ザ・ドラゴン」の

紹介&簡単なレビューをしたいと思います。

 

こちらはゲームはメガCD用のソフトで

アドベンチャーゲームらしいです。

 

それでは さっそく ゴー

 

ライズ・オブ・ザ・ドラゴンとは⁉紹介&簡易レビュー

メガCDソフト

ライズ・オブ・ザ・ドラゴン

ジャンル アドベンチャー

ハードオフ 330円

参考価格 駿河屋 480円

 

もともとはPCゲー

もともとはアメリカでPC用に作られた

ゲームのようで、家庭用ハードに移植

されたのは、メガCDのみぽいっですね。

 

ちなみに2017年にはWindowsにも配信

されたみたいです。詳しく知りたい方は

wikiで調べてみてくださいね。

 

ストーリー

2053年のロサンゼルスが舞台

次々と起こる無残な事件に、調査の

依頼を受けた主人公が謎を解いていく。

 

まあよくありがちなストーリーでは

あるけど、鉄板のネタというかね。

 

あと何となくはわかってましたが

パッケージからそれとなく洋ゲーの

匂いはプンプンしてた。

 

とりあえずプレイしてみた

ハードボイルド系のゲームっぽいね。

グラフィックは結構粗い まあ

古いからしょうがないけど。

 

でも私の場合はこういうクラシックな

雰囲気が好きなんで、ぜんぜんOK。

 

贅沢にもフルボイス

登場人物のセリフはボイス付き

さすがはCD-ROMのゲーム。

 

今では当たり前だけど、フルボイスで物語が

進んでいくなんて、当時どんだけ衝撃受け

たんだろうね。

 

声優さんは詳しくないからわかんない

けど、みんなアダルティーの雰囲気が

あるひとたちばっかりです。

 

結構シリアスな内容

冒頭はスラム街かなんかでの怪しい

ブツの取引をする場面から始まります。

 

それで裏取引されたブツをさっそく

めっちゃセクシーなオネーちゃんが

「もう待てない」とばかりに使用すると

すっごい金切り声をあげて死んでしまう。

 

「なんちゅーカッコをしてるんだ」と

ツッコミたいところだけど、しかし

そんな細かいことを気にしていたら

レトロゲームには到底付いていけない。

 

で悪そうなマフィアのボスみたいなのが

闇の世界を征服するぞ!と宣言したところ

でゲームが始まる。

 

ゲーム開始はお着替えから⁉

いきなりアパートの一室みたいなところ

に放り投げだされるんだけど、まったく

何をしていいかわからん状態。

 

まさに放置プレイ

 

とりあえず ステータス画面をみると

パンイチの姿なので、服を着ないと

お外にはいけないようです。

 

昔のゲームはおっさんの洋服まで

面倒を見なくてはいけないのです。

 

部屋を見渡すと服やコートがあるので

カーソルをコートに合わせて主人公に

着せてあげる。

 

ちょっと悲しくなってきた…

 

ノーヒントなので服を着せるのにも一苦労

 

ようやくナイスミドルのお着替えを

終えて、ここからが本番みたいです。

 

正直これだけでもお腹いっぱい

なんとシュールなゲームなんだ(^^;)。

 

まとめ

あとはネタバレになってしまうので

ここら辺にしときますが、この時点で

このゲームの続きに興味を持った方は

少ないでしょう(^^;)。

 

あまりにもニッチすぎるタイトルだし

内容もかなりシュールな作品だから

万人にはおすすめはしずらいですね。

 

ただ

 

  • アドベンチャーが好きだ
  • アメリカンな雰囲気が好き
  • レトロゲーが大好き

 

というもの好きな方にはやってみて

欲しいですね。

 

駿河屋リンク

 

 

では

 

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング