ゲームレビュー

【レビュー】バイオハザード6は本当に不評ゲーなのか⁉︎評価してみた

こんにちはTone(@Tone_musicman)です

 

今回も前回に続きPS3のソフトで

「バイオハザード6」の紹介&簡易レビュー

していきたいと思います。

 

興味のある方はぜひお付き合いください。

 

バイオハザード6は本当に不評ゲーなのか⁉︎評価してみた

発売日2012年10月
ハードプレイステーション3
ジャンルサバイバルホラー
メーカーカプコン
おすすめ度★★★☆☆(5点満点中3.9点)

簡単にいうとどんなゲーム

ホラーゲームと言えばバイオハザードって

言っていいほど、日本ではホラーゲームの

代名詞ともなってますので、今さら説明は

不要かなと思いますが

 

知らない方のためにざっくりとご紹介

しますと、プレイヤーがゾンビだらけに

なってしまった世界から救うというような

ゲームになってます。(まじでざっくり)。

 

ゾンビのイラスト(空想上の生物)

 

またバイオハザードはTPSと呼ばれる

サードパーソンシューティングゲームで

要は第三者から見た視点で遊ぶもの。

 

なので人によっては画面に酔ってしまったり

することがあるかもしれません。

 

とにかくホラーなので、グロいシーン

などが苦手な方にはおすすめできない

ジャンルですね。

 

バイオファンから不評な作品⁉︎

ほっぺを膨らませて怒る子供のイラスト(男の子)

 

 

 

 

バイオハザードファンからは少なからず

不平不満の多い作品らしいですね。

 

私は初代プレステのバイオハザードから

やっている世代なので、個人的には初代

を超えるものはないと思っていますが

なんだかんだ言って結構好きなシリーズ。

 

私もこれが初プレイとなるんですが

とにかくプレイしてみて、正直な感想を

述べてみたいと思います。

 

久しぶりにクリアまでプレイしてしまった!

私のレビュー記事ではゲーム紹介という

意味合いが強いので、いつもは触り程度しか

プレイしてないのですが、今回は久しぶり

にクリアまでしてしまいました\(^o^)/。

 

結論からいうと普通に面白かったですよ。

 

いいと思ったところ

アクションゲームとしてみれば悪くないと思う

世間で言われているほど、悪くない作品

だと思います。グラフィックは綺麗だし

少なくとも個人的には5よりは面白いかな。

 

レオンやクリスなど初期の作品に馴染み深い

キャラが出てくるし、ストーリーもしかっり

して、没頭しやすい感じですね。

 

スキルアップでやり込み度もアップ

ゾンビなどを倒すとスキルポイントと呼ばれ

る、要はお金みたいなもんを取得できるの

ですが、これを集めるといろんなスキルと

交換できます。

 

スキルはたくさんあって、銃の威力を上げる

スキルや格闘の能力を上げるものなどが

あって、それをステージごとにスキルを

変えることで、攻略しやすくなるなど

 

少しばかりの戦略性と育てる楽しみが

増えて、個人的には良かったですね。

 

ボリュームがすごい

シナリオは複数あるんですが、シナリオ

ごとに2人のキャラから選べます。

 

選んだキャラ以外はゲーム中パートナー

としてCPUが担当します。

 

だから単純に同じシナリオで2回遊べる

わけだからボリュームが多いです。

 

内容はあまり変わりないと思いますが

違う視点で遊べるので、繰り返し遊べると

言えば遊べますよね。

 

また各シナリオを全部クリアしていくと

物語の真相が繋がっていくので、違う

シナリオで繰り返し遊ぶのはそんなには

苦痛ではないです。

 

イマイチだと思ったところ

シリーズ不評の原因?QTEが多い

QTEと呼ばれるプレイヤーに瞬時に

アクションを求める手法で、ゾンビに

捕まったり危険から避けるために

ボタンやレバーを操作させられます。

 

これは最初のうちは面白いんだけど

あるシナリオの最後の方はQTEの嵐で

 

「このゲーム アクションゲームだっけ」

 

と思うほど、連射やレバーをグリグリ

させられるので確かにウンザリする。

 

 

おそらくこのQTEの多さがシリーズファン

から不評を多く受けている要因なんでは?。

 

でも個人的にはアクション好きなので

私は楽しく遊べました(^_^;)。

 

流れ的には4、5を受け継ぐ作品

良くも悪くもバイオ4や5の流れを強く

引き継いでる作品だなと思いました。

 

初期の3作品はホラー要素がメインでした

が特に5、6に関してはホラー要素は

薄くなっている感じがします。

 

視点がやたら酔いやすい

わたしはFPSが好きなので、いわゆる3Dの

ゲームには慣れてはいる方だと思うんだけど

このゲームかなり酔いやすいです。

 

視点がやたら切り替わったり、ズームした

ような画面が多いのか、結構キツイ。

 

バイオハザードっぽくない⁉︎

何を持ってバイオっぽいというのかは

みなさん賛否両論あると思いますが

 

私的には初期の3作が好きなので、それを

基準にして評価するならば、この作品は

確かにバイオっぽくはない。

 

謎解き要素は少なめで、アクション

やシューティング要素が強めです。

 

そのためか古参バイオファンには馴染み

難い作品であることは違いないです。

 

いわゆるサバイバルホラーというよりは

戦争ゲームに近い感じがしますね。

 

でもゲームとしての水準は高くさすが

カプコンと思える作品なので遊んでみる

価値は高いと思いますよ。

 

まとめ

今回は珍しくクリアするまで遊んだので

いつものレビュー記事に比べてちょっと

ばっかし長くなりました。

 

やっぱりゲームというのは実際に遊んで

みないと結局は面白いのか面白くないのか

はわからないということがわかりましたね。

 

このゲームに向いている人

  • アクションゲームが得意
  • ハラハラドキドキが好き
  • バイオシリーズは4が好き

 

このゲームに向いてない人

  • 3D視点に弱い人
  • バイオは初期3部作が好き
  • QTEが苦手
  • アクションやシューティングが苦手

 

結論としてはバイオ好きなら一応

「やっとけ」ということですかね。

 

PS3もまだまだ遊べますよ〜。

 

PS4を持っている方なら

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング