オーディオ

アナログレコードで音楽鑑賞をおすすめする理由

前回の記事では音楽をアナログで

聴くことをお勧めしました。


今回はそのアナログレコードの魅力を

いくつかご紹介しようと思います。



アナログをおすすめする理由とは!


アナログレコードの魅力とは何か?

アナログで音楽を聴くメリットは

それはズバリ


音質です。


1も2にもそこが一番の魅力。


他にも魅力はありますがそれは

オマケの様なものかもしれません。


じゃCDに代表されるデジタルと何が

違うの?と言われるとすごく

説明が難しいのですが



アナログが奏でる音楽は

デジタルのそれと比べて音が

暖かい』とか『まろやか

とよく表現されますね。


別にカレーや食べ物の評価では

ありませんよ。

 

でも確かに暖かくて

まろやかな音がするんです

表現の仕方は様々ですが。


科学的に説明すると

ややこしい話になるので

辞めときますが


・アナログは物理的に音を収録
 (音をレコード盤に溝として収録
 その溝を針でなぞって振動した音を拾う)

・デジタルは数字で音を収録
 (数字で音を記録して疑似的に
 近い音に似せて出力する)



簡単にいうと上記のように根本的に

記録の仕方が違んです。


記録方法が違うんだから

音も違っててもおかしくはない

ですよね。


ただ

何もそんな難しい事は考える

必要はありませんよ。

一応イメージとしてあった方が

分かりやすいかなぁと。


おそらく聴き比べないと

実際問題はさほど違いは

わからないかと思いますが


やっぱり聴き比べてみると

何かが違うのは体が

わかるんですね。



私個人の感想としては

音楽が音楽として聞こえるんですよ。

ちょっと何言ってるかわからない

と思いますが


アナログで聴く音楽は読んで

その字のごとく 

音を楽しむことが出来るような

気がするんです。


脳がリラックスするんですね

自然食品のように体が自然と

受け入れるみたいな。


一方CDに代表されるデジタルでは

非常に澄んだ音を聞かせてくれますが

それは反面 少し心に染みにくいと

いいますか、緊張感のある音に感じます。

↑これはちょっと大げさな

表現ですが・・・



同じ曲でもアナログで聴く音楽は

いい意味で眠くなるような

感じさえします。

それは脳も体も違和感がないわけで

言い換えれば音を楽しめてる

という風にも言えるわけです。


感じ方は人それぞれですから

受け止め方は100人いたら100通り

ありますけども、確かに違いは

あるということです。


私は音楽がもともと好きだったので

そこそこ音質にはこだわりは

あったのですが、デジタルは

アナログよりも音がいいとずっと

思ってました。


でもある日レコードを聴いてみたら

ビックリ!アナログの方が

音がいいじゃんって


最初は受け入れ難いものでしたが

現実 耳が体がそう思ったので

仕方がないですね。


なので今まで音質にはこだわりが

なかった人でもアナログを聴いてみると

もしかしたら目覚めるかもしれません。


なので興味が湧いたら

単純にお試しあれ!


ジャケ買い!

ジャケ買いってご存じでしょうか

何って程でもありませんが

レコードのジャケット 

いわゆるパッケージのことですね。

それを見て中身は知らないけど

かっこいいから購入してしまう

というような意味合いです。


そんなバカなことがあるかよ

と思うかもしれませんが


ではなぜジャケ買いというような

事がなぜ起きるのか?!

というと


今の時代ではネットとかで情報が

溢れてますから、CDを買う前にも

Youtubeとかで事前に曲を視聴して

買うことも全然できますよね。


昔はラジオでたまたま聞いたレベルの

少ない情報を元にレコード屋さんに行き

さらにその店にある在庫の中からしか

選べないわけです。


ということは自分の欲しいものに

出会えないこともあるわけで

そんな時 何枚かあるレコードのうち

たまたま見たレコードが


このジャケットかっけぇ


ってことがあるんですよ。


で気づいたら帰り道の自分の手には

もともと買う予定のないレコードを

持ってる なんてこともあったのです。


まあそれだけ レコードのジャケットは

買ってもらうための重要なファクター

であったということですね。


アイキャッチの写真にあるように

ギター小僧の私にはロックの名盤

とも言える


MSGのファーストアルバム

神 帰ってきたフライングアロウです。


言わずと知れた

マイケルシェンカーグループの

超名盤であります。


あの日本のトップギタリスト

B,zの松本孝弘さんもリスペクトする

超絶技巧ギタリスト。


邦題が「神」ってちょっと恥ずかしい

感じもしますが、その名に恥じない

ギターテクニックを聞かせてくれますよ。




同じアルバムをレコードと

CDを並べてみました。


どうでしょうか

写真ではわかりにくいかも

しれませんがジャケットが

大きいですよね。


素材も紙でできており、質感も

全然違います。これだけ大きいと

写真もよく見えるし、飾っておいても

めっちゃかっこいいんです。


CDの方はというと写真は同じですが

プラケースに収納されているので

何となく味気ない感じがします。

この違いは是非とも自分の目と

手で実際に味わってもらいたいですね。

ハードオフなどのリサイクルショップに

行けばたくさんレコードが

売られているので、一度手にしてみると

一番分かり易いかと思います。


もしかしたらジャケ買いの

気持ちがわかるかもしれません。


次回はレコードを聴くには

どんなものが必要なのか?

機材に関してのお話をしようと

思います。

 

comment

「駿河屋」

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村