音楽・DTMの話

アナログで聴く音楽生活 初めてみませんか

ゲーム記事が続きましたが

私のもう一つのメイン記事は

『音楽』『music』です。


前にもちょっとだけお話ししましたが

音楽に興味を持ったのが小学生の頃。


私が音楽に目覚めたきっかけは

ビートルズを聴いたこと事から

始まりました。


厳密にいうとギターを始めた

キッカケというべきかな。


音楽に興味を持った直接の原因

それは


ファミコンでした。


兄も私もゲームが人並みにですが

好きだったので小さい頃

お年玉を出しあって

MSXやファミコンなどを購入し

三国志やドラクエなどを

よ~く遊んでいましたね。



で 私の場合ゲームそのものよりも

BGMに私は興味を持ったのです。


ゲームのBGMってジャンルが

様々でロックからワルツまで

幅広い音楽を聴けたんですよ。


それが私にとっては興味深く

今でも頭の隅っこに

ベッタリとこびり付いています。


そこから今にいたるのですが

私が物心がついた時には

音楽の媒体のメインはCDでした。

もちろんテープやレコードも

ありましたが、始めて買った

媒体はCDでしたね。


後に興味本位でLP(アナログレコード)を

買ったのですが これがきっかけで

レコードにドハマりし

リサイクルショップなどで

名盤などを見つけては

買いあさるようになります

では今なぜレコードなのか?

一言で言ってしまえば

「音がいい」のです


言葉にするとすごく薄っぺらく

なってしまうのですが


これは率直に思ったのが

こういう表現だったので

難しいですね。


オーディオの世界はつまるところ

「自己満足の世界」なので

好き嫌いや評価もそれこそ

ごまんとあります。

これはまるで底なし沼のよう


音楽ってアーティストと呼ばれる

人が作り上げる作品なので

「熱」というか「感情」というものが

CDでもレコードにでも刻まれていると

私は思うんですよね。

そこには何らかの「魂」が入ってると

思うんです。


あんまりいうとむしろ安くっぽく

なっちゃうんであまり言いませんが


CDとレコードを聴き比べると

明らかに同じ音楽でもその

感じやすいんですよ。


別にCDやデジタルの素材を

否定するわけではないのです。

選択肢があるのなら、いろんな

媒体で聴いてみるのも

アリなんじゃないかなと


ということでもし、この記事で

アナログに興味を持って頂いた方が

1人でも2人でも、いらっしゃったら


アナログで音楽を聴いてみませんか?

楽しいですよ~。



でも どうしたらわからない

めんどくさい



何かテレビショッピングみたいな

謳い文句になってしまいましたが



そんなに難しくはないので

気軽に始めてみましょう。



次回から何回かに分けて

レコードを聴くためには

どうしたらいいか?

どんなものが必要なのか?



というお話をこれから始める方に

なるべく分かり易くしていこうかなと

思いますので、あまり期待せずに

お待ちくださいね(笑)。

 

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング