ギター

おすすめのディレイは?エレキサウンドに最適エフェクター 

エレキギターをやっている方なら

ほとんどの人がエフェクターに興味が

あると思います。

 

好きなエフェクターは皆さんそれぞれ

あると思いますが、私が個人的に好きな

エフェクターは

 

ディレイです。

 

ディレイはディレイでも

アナログが好きなんです

 

決してデジタルディレイが嫌いなわけ

ではありませんが、これからディレイの

魅力についてお話していこうと思います

 

ディレイとはどんなエフェクター

 

とん子
とん子

ディレイってなあに?

簡単にいうとやまびこ装置です

 

音を遅らせる装置で

つまりは「やまびこ」の様な効果を出す

エフェクターのことです。

イメージとしては

ヤッホー ヤッホー ヤッホー みたいな

感じです。

 

アナログディレイとデジタルディレイの違いは?

 

とん子
とん子

アナログとデジタルはどう違うの

う~ん CDとカセットテープ

の違いみたいなものかな。

 

「やまびこ」とは発声した「ヤッホー」が

山々にぶつかって、おなじ音がこだまし

何回か聞こえる現象ですね。

 

そして跳ね返ってくる音はどんどん

小さくなっていきます。

 

ディレイとはその跳ね返ってくる音を

電気的に作り上げるんですが、さきほど

いったように、アナログとデジタルでは

こだまの作り方が違うんです。

 

アナログディレイとデジタルディレイの

違いをちょっと見ていきましょう。

 

デジタルディレイ

〇音がクリア

デジタルでこだまを再現するので

とにかく音質がクリアなのが特徴。

 

そこが一番のメリットでもあり

デメリットでもあります。その理由は

後でお話しします。

 

〇細かくコントロールできる

これもデジタルならではのいいところです

こだまは本来自然現象なので、調節できる

物ではありませんが、デジタルでは疑似的に

細かな調節が可能です。

 

代表的なエフェクター

BOSS DD-8

BOSS DD-8 Digital Delay performed by Jack Gardiner

 

 

アナログディレイ

〇音が暖かい

暖かいとは悪く言うと「こもった音」

いい意味で言うと「自然な音」

 

アナログで作られるこだまは

厳密に言うと完全なコピーができません。

 

最初に発した「ヤッホー」に対して

大げさに言うと「ヤッボー」になります(笑)

後の音には濁点が付いてますよね

 

ちょっと意味が分からないと思いますが

最初の音の対して、こだまされる音が

劣化してしまうんですよ。

 

音質的に言うと高音がちょっと削られて

いわゆる「こもった音」になります。

 

でも自然界ではそれが当たり前ですので

人間の耳にはその劣化した音の方が実は

聞き入れやすいんですね。

 

〇細かくコントロールできない

デジタルに比べると加工できる範囲が

狭くなってしまいます。またその日の

コンディションによって安定しないなど

のデメリットもあります。

 

ただし今はテクノロジーの進歩もあり

それほどデジタルと差はなくなりましたが。

 

代表的なアナログエフェクター

BOSS DM-2W

DM-2W Delay WAZA CRAFT series

 

デジタルとアナログにはお互い

メリットとデメリットがそれぞれ

ありますので用途に応じて使い分け

すればいいと思います

 

アナログディレイのご紹介

個人的に所有してるエフェクターですが

アナログエフェクターをご紹介します。

 

BOSS RE-201

究極のアナログディレイだと思います

テープエコーとも言いまして、その名の通り

楽器の音をいったんテープに録音し物理的に

遅らせて再生しこだまを作ります。

欠点は大きくてメンテが大変な事

しかし唯一無二の極上アナログサウンド

を出すにはテープエコーしかありません。

 

BOSS DM-2

BOSSの名機 DM-2

これも もはやヴィンテージと言える

エフェクターです。上記でも紹介しました

テープエコーを始めてコンパクトにした

画期的なアナログディレイです。

 

テープエコーは大きいのが一番の難点

でしたが、初めてコンパクトにしたのが

このBOSS DM-2だったようです。

 

音質はこれにしか出せない音があり

未だにファンが多いエフェクターで

奥田民生さんなども使ってますね。

 

今では復刻版として

BOSS DM-2Wが発売されており

アナログディレイを使ってみたい方は

そちらの方が安心できるでしょう。

 

ARION SAD-3

こちらもアナログディレイです

アナログディレイはデジタルに比べると

高価なものが多いのですが、これは比較的

リーズナブルなアナログディレイでした。

 

作りはプラスチックで安っぽいですが

音質の方はしっかりとアナログな音質

でコスパに優れた商品。

 

しかし残念ながら生産が終了した

ようですね。

 

おすすめのディレイのご紹介

オールマイティに使いたい方

 

BOSS DD-8

BOSS DD-8 Digital Delay
デジタルディレイの金字塔

BOSSのDD-3の進化版でタップ機能の

付いたデジタルディレイになります。

 

歴史のあるBOSSのエフェクターで

品質はお墨付きだと思います。

特にこだわりがなければこれで

間違いないでしょう。

 

Line 6 DL4


アンプシミュレータの老舗LINE6の

デジタルディレイです。

 

Echoplex EP-1やT.C. Electronic 2290

など伝説の名機を15種類シミュレート

したお得なデジタルディレイです。

 

海外のミュージシャンも多数使って

いるようで、人気のあるディレイです。

 

 

個性のあるサウンドを求める方

 

MXR M169 Carbon Copy


こちらも歴史あるMXR社の

アナログディレイです。

 

デジタルほど緻密な調整はできませんが

アナログならでは暖かみのあるサウンドが

特徴のコンパクトエフェクター。

 

BOSS DM-2W

先ほどもご紹介しましたが

名機BOSS DM-2の復刻版とも言える

アナログディレイです。

 

オリジナルDM-2のオリジナルモードと

カスタム・モードを搭載し、アナログと

デジタルのいいとこどりをしたような

ディレイです。

 

BOSSの名機のサウンドを味わって

みたい方はぜひ!。

 

エフェクターを選ぶ場合は

一度試奏してみるのをお勧めします。

個体差が結構ありますので、耳で

聞くのが一番ですからね。

 

 

さてディレイについてお話させて

頂きましたが、どうでしょうか

 

ディレイは奥が深いエフェクターですが

サウンドに色気を加えてくれる、非常に

魅力のあるエフェクターだと思います。

 

自分に合うエフェクターを探して

みるのもよし、憧れのサウンドを

再現するのもよし、自分の演奏に

個性的なサウンドを付け加えて

見てはいかがでしょうか。

comment

ブログランキング

ブログを気に入っていただけたら
ポチッとクリックしていただけると
嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レトロゲームランキング